表面処理、はつり、塗膜剥離、金属切断、金属洗浄なら三重県四日市市の株式会社羽田工業 | Q&A | 採用情報 | お問い合せ |
株式会社 羽田工業

アクアテック事業部はつり

はつり工法実施前
はつり工法実施後

ウォータージェットを用いたコンクリート劣化部の補修工法は、劣化部分の除去にコンクリート除去することができる高圧な水を使用し、劣化部分を除去する工法です。補修部分を必要な深さで、必要な幅だけを溝のように削り取り劣化部分除去後の適度な凹凸により既設コンクリートとの一体性も増すことで、付着強度が増し、正常な打継目と同程度のせん断耐力が確保されます。従来のブレーカーによるハツリ作業に比べ振動・騒音・粉塵の発生を抑え、既設の健全なコンクリート部分に余計なひび割れ(マイクロクラック)をほとんど発生させません。

ウォータージェット工法によるコンクリートはつり工事

コンクリート鉄筋のはつり出し、ジャンカ(豆板・空隙)補修等に有効的な工法で広く使用されています。
旧日本道路公団が定めた「ウォータージェット施工マニュアル」に基づき、周辺環境への影響・安全性を確保しつつ、安全で確実な工事施工に積極的に取り組んでおります。今後、更に増加が予想されるコンクリート構造物の補修や長寿命化工事に積極的に提案していきます。

ウォータージェット工法による高圧水アスベスト含有材除去工事

煙突内部及び排煙管に施されたアスベスト含有材(煙突用断熱材・スタック材・石綿成形板・ハイスタック)及びアスベスト管(石綿管・排煙管・石綿セメント管・円筒管・煙突管)を高圧水を使用して自動洗浄装置にてハツリ撤去する工法です。
粉塵の飛散を最小限に抑えて除去する事が可能です。専用のガイドを使用して、超高圧水を特殊な回転ノズルから噴出させるウォータージェットを使用する事と自動洗浄装置を使用する事により、作業員が入る事が出来ない場所でも施工が可能で、粉塵飛散の少ない安全確実な除去が出来ます。耐火レンガの除去もでき、煙突解体前のアスベスト含有材(煙突用断熱材・スタック材)除去に広く使用されています。湿潤化により飛散の抑制ができることなどから多くの自治体で採用・評価されております。
とくに煙突石綿円筒管は集合住宅の各浴室風呂釜の排熱管として広く使用された石綿管で、躯体内に埋設され、手作業により解体除去する事が不可能でしたが超高圧水(ウォータージェット)を用いた湿潤破砕で、粉じんの発生を抑え、適正な除去が可能となります。

当社は煙突石綿円筒管の湿潤破砕工法を推進する日本煙突石綿除去適正化協会(JS-AWCA)に所属しています。

ウォータージェットによるアスベスト除去工法

ケレン棒・ブラシの代わりに、高圧水を特殊なノズルから噴出させるウォータージェットを使用することにより、従来工法に比べて短時間で、粉塵飛散の少ない安全確実な除去を可能にしました。現場に応じた自動洗浄装置を用い、人体に影響を与えない工法も対応予定です。(開発中)


特長
  • 少量の超高圧水にて除去が可能です。
    ノズルから噴射された水はアスベストに吸収されるので外に流れ出る心配はありません。
  • 人力作業の軽減化が可能。自動洗浄装置(開発中)の使用で作業員への有害性も安心です。
  • 安全な薬剤除去工法で湿潤化作業を省略でき、工期短縮につながります。
  • アスベスト粉塵飛散の抑制できます。
  • ミストの冷却効果で作業場内温度低下。
  • 特殊ノズルの使用で手の届かない所の除去も可能です。
  • 廃水処理装置の使用で作業水のリサイクルも可能です。

ウォータージェット工法による煙突内部石綿除去(カポスタック除去)

設備・機材
はつり工法

☆超高圧水によるコンクリート除去(1500k〜2500k)
【耐震補強】【落橋防止】【鉄筋のはつり出し】

☆閉塞したシース管のつまり除去(1500k〜2500k)
【シース管】【箱抜管】【鋼製シース】【PCシース】

☆汚水/し尿処理場(浄化センター)のコンクリートはつり(2500k)
【防水工事】【ジャンカ補修】【豆板補修】【空隙補修】

ひび割れ・空隙・豆板(ジェンカ)補修にはハツリを行わず注入工法での補修補強も可能です。お問い合わせ下さい

☆下水施設のコンクリートはつり(1500k〜2500k)

☆煙突内部及び排煙管に施されたアスベスト含有材(煙突用断熱材)除去(1500k)
【煙突用断熱材除去】 【石綿管除去】 【煙突内石綿除去】 【煙突解体】【スタック材除去】【排煙管除去】【煙突アスベスト】

戻る
事業部の紹介
  • アクアテック事業部
  • メカテック事業部
  • ビルテック事業部
  • はだのこころ